キタノザウルス

キタノザウルス(銅像)
北新地駅に設置されている
この恐竜の立体作品は、大阪広告協会50周年記念のために制作したモニュメント(銅像)の原型です。
このモニュメントは、大阪の新しい名所になり、待ち合わせ場所として多くの人々に愛されることを願い、
1997年6月23日大阪JR東西線の「北新地駅」に設置されました。実物は、高さ2m20cmあります。
従来の格式ばった銅像と違い、佐藤邦雄の作風により、大変親しみやすいものになっております。
(足の裏には秘密が隠されています。ぜひご覧ください。)

《キタノザウルス伝説》
それはそれは遠い、ジュラ期よりもっと遠い昔、地球にとびっきり美しいキタノと呼ばれる娘怪獣がいました。ある日、彼女は恋人との待ち合わせのため、米俵のリュックを背負い大阪北野の浜にやって来たのです。しかし、約束の彼がなかなか現われません。いまか、いまか・・と待つうちにすっかり首がながーくなってしまい、とうとうそのまま眠ってしまいました。
ところが、1997年6月23日、誰かが眠っている彼女の足をくすぐると「コチョバイ・・」と言いながら永い永〜い眠りから覚めました。さあ、約束の彼は来るのでしょうか。
キタノザウルスの足の裏にはヒミツが!!触ってあげてください。
目や手も触ってあげてください。
右足の裏にはハートマーク。
左足の裏には『Touch me for good luck』と彫っています。

銅像と同時にCDが発売されました。お問合せは全国のレコード店もしくは、発売元:テイチクへお願いします。


歌 :美貴じゅんこ
作詞:クロード・Q
作曲:マイク・ケント
編曲:パンチョノ・リーオ

キタノザウルス キ・タ・ノ あなたを待ってていいですか・・
電車に乗って 新地に来たの
リュックにひとつ 約束つめて
手紙もいいけど 電話もいいけど
愛よりもっと確かに
ドントフォーゲットミー
あなたに逢えたら
なにか 始まりそうで
逢いたかってん 逢いたかってん
キタノザウルス キ・タ・ノ

涙こらえて あなたを待つの
リュックにふたつ 想い出背負い
お酒もいいけど 映画もいいけど
夢よりもっと確かに
ドントフォーゲットミー
あなたに逢えたら
なにか 始まりそうで
逢いたかってん 逢いたかってん
キタノザウルス キ・タ・ノ

ドントフォーゲットミー
電車にゆられて
新地に遊びに来たの
逢いたかってん 逢いたかってん
キタノザウルス キ・タ・ノ
北の新地は 曾根崎あたり
少しだけ 髪を切り
少しだけ 肩を出し
もうすぐ逢える わたしなのに
約束はいつも
時計の中で
ペロリと赤い舌を出す
あれから三分
あれから五分
あなたを待ってていいですか・・

北の新地は 曾根崎あたり
少しだけ 夢を見て
少しだけ うなづいて
かならず逢える わたしなのに
約束はいつも
電話の中で
プツリと暗い海になる
あれから一年
あれから三年
あなたを待ってていいですか・・

もうすぐ逢える わたしなのに
約束はいつも
夢の中で
靴音だけが 鳴りひびく
あれから三年
あれから十年
あなたを待ってていいですか・・